子供向けのおすすめVOD6選!制限付きで見せられるのは?

子供向けのおすすめVOD(動画配信サービス)6つのサービスを厳選! VOD一覧

プロモーションを含みます

子供におすすめのVODを6つご紹介します。

いまVODは25社以上ありますが、その中から子供に安心して見せられるサービスを厳選しました。

たくさんあってどれを選んだらいいか、悩んでいるお父さん・お母さんの手助けになれれば幸いです。

子供におすすめのVODを選ぶ際の3つのポイント!

子供におすすめのVODを選ぶ際に大切なポイントがこの3つです。

  1. キッズ作品があるか(多いか)?
  2. 「視聴制限」が設定できるか?
  3. 同時視聴ができるか(同時視聴数が多いか?)

絶対に見落とせないポイントですので、それぞれどういう意味なのか、まずはチェックされてください。

1.キッズ作品があるか(多いか)?

これはまぁ、当然といえば当然ですね。

VODの多くがキッズ作品(子供向け作品)を取り揃えていますが、サービスによっては一切無かったり、申し訳程度に置いているケースも多々あります。

どのVODがキッズ作品が多いか、これがまず絶対に外せないチェック項目ですね。

2.「視聴制限」が設定できるか?

VODには性的コンテンツや過激な暴力シーンがある動画(映画・ドラマ・アニメ)が多数あります。

子供がひとりで操作して、そんな動画を見てしまったら大変ですよね……。

また、有料のレンタル作品を勝手にバンバン視聴したら大損害です……。

しかし、VODサービス側もそこは考慮して「ペアコントロール」という

  • 過激な動画を見られない
  • 勝手に課金できない(レンタル作品を見られない)

という利用制限をかけられる機能を備えています。

具体的には以下の映倫(映画倫理機構)が定めた4つの区分をベースに視聴を制限できるようになっています。

  • G:全年齢対象
  • PG12:12歳以上推奨
  • R15+:15歳以上推奨
  • R18+:18歳以上のみ視聴可能

子供に見せたくない動画をシャットアウトできる制限機能があるか?はVOD選びに欠かせないポイントですね。

3.同時視聴ができるか(同時視聴数が多いか?)

VODによっては「1契約につき複数のアカウント」が持てるようになっています。

つまり、以下のように

  1. 親アカウント
  2. 子アカウント
  3. 子アカウント
  4. 子アカウント

複数のアカウントが持てれば、1つの契約で家族がそれぞれ同時に動画を楽しめる仕組み。

ただ、同時視聴できる数はVODによって異なります。

子供が多いご家庭では「1人1端末」を持ち、別々の動画を同時に楽しみたい場合もあるはず。

そんな家庭では、できるだけアカウント数が多く持てるほうがいいに決まっていますよね?

というわけで、同時視聴数も子供がいる家庭ではチェックすべきポイントになります。

VODを「キッズ作品の数」・「制限」・「同時視聴数」で比較

各VODサービスを

  • キッズ作品の作品数
  • 「制限」がかけられるか?
  • 同時に何台の端末で視聴できるか?

という子供がいる家庭で契約する際に知っておきたい3項目で比べてみました。

サービス名キッズ作品数視聴制限同時視聴数
Amazon Prime Video4,0003台
U-NEXT3,3004台
DMM TV1,5004台
TELASA7001台
hulu4504台
Netflix不明1台~4台※
Disney+不明4台
FODプレミアム不明1台
dTV不明△※1台

キッズ作品のラインナップ数や同時視聴の台数は、かなり開きがあることが一目瞭然です。

視聴制限についてはほとんどのVODで、子供も視聴することを前提に設計しているために備わっています。

※キッズ作品の数は見放題作品とレンタル作品を足したものです。

※私が独自に調べた推定数であり、正確性を保証するものではないことをご了承ください。

※Netflixの同時視聴数は契約プランにより増減します。

※dTVは契約者の生年月日をもとに視聴できる動画を制限しています。

子供向けおすすめVODを6つ厳選してご紹介!

上記の必須3項目を比較したうえで、子供向けのおすすめVODを6つ選びました。

それぞれのVODでどんな子供向け作品が見られるか、また視聴制限はどんなシステムになっているのか、個別で解説していきましょう。

1.キッズ作品が最も多いAmazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)

amazonプライムビデオ30日間の無料体験はこちら

運営会社名アマゾンジャパン合同会社
料金(税込み)月額600円/年会費5,900円
動画本数非公開(推定5万本以上)
会社ホームページhttps://www.amazon.co.jp/
申し込み先公式サイトはこちら

Amazonのプライム会員に加入すると見られるようになるのがAmazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)です。

最初はオマケ的な存在でしたが、規模がグングン大きくなり、いまではオリジナル作品まで作られるようになりました。

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)で見られる主なキッズ作品がこちら。

  • おさるのジョージ
  • ドラえもん
  • トムとジェリー
  • きかんしゃトーマス
  • ミニオンズ

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)では、子供用のプロフィール(アカウント)を作りPIN(パスワード)の設定をすることで

  • 視聴できる作品の制限
  • 有料作品の購入の制限

をかけることができます。

子供が過激な動画やレンタル作品を見ようとしても、PINの入力が求められるため、不可能になる強固なシステムです。

利用者の口コミ

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)を親子で楽しんでいる利用者の生の声を拾ってきました。

大人が使用するアカウント(プロフィール)と完全に分けることができるので、子供の制限はもちろん、大人も安心して好きな動画を視聴できます。

子供が生まれる遥か前に完結したアニメも、VODなら最初からフルに楽しむことができます。

子供にとっては鬼滅の刃みたいな最近の作品と変わらない感動があるはず。

いいことじゃないかもしれませんが、子供の世話が焼けないときにVODでキッズ作品を見せておく親は多いです。

作品ごとの視聴制限はできますが、「時間制限」は親がしっかり管理しないといけないですね。

Amazonプライムビデオ「30日間の無料体験」を試してみる

>>>Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)の評判と口コミをもっと読む

2.視聴制限が完璧なU-NEXT(ユーネクスト)

見逃し配信バナー

運営会社名株式会社U-NEXT
料金月額2,189円(税込み)
動画の本数24万本以上
会社ホームページhttps://www.unext.co.jp/ja
申込み先公式サイトはこちら

U-NEXT(ユーネクスト)はトータルの動画本数ではVOD界No.1を謳っています。

もちろん、キッズ作品も多数あり、今後も続々と増えていくのは確実でしょう。

そんなU-NEXT(ユーネクスト)で見られる主なキッズ作品がこちら。

  • セサミストリート
  • アンパンマン
  • ミニオンズ
  • きかんしゃトーマス
  • いないいないばあ

U-NEXT(ユーネクスト)では、親アカウントの他に「子アカウント」が3つまで作れます。

この子アカウントではそもそもR指定作品が見られないように視聴制限がかかっているため、特別な設定はしないでもOK!

※U-NEXT(ユーネクスト)は「H-NEXT」というアダルト作品専門のジャンルも備えていますが、子供に使わせる「子アカウント」では絶対に表示されない仕組みになっています。

利用者の口コミ

U-NEXT(ユーネクスト)を親子で楽しむ方の声を集めてみました。

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)は月額600円と安いので、U-NEXT(ユーネクスト)と組み合わせて利用している人もいます。

お互いに無い作品を補完しあえるので、子供も親も見飽きることがないでしょうね。

嫌いな子供はいないというくらいみんなが好きなアンパンマンの映画が見られるのがU-NEXT(ユーネクスト)の強み。

私がいま確認したところ、全部で58本もありました(笑)。

英語で視聴できるキッズ作品もあるので、小さいうちからのリスニングにも有効です。

U-NEXT「31日間の無料体験」を試してみる

>>>U-NEXT(ユーネクスト)の評判と口コミをもっと読む

3.伸びしろいっぱいのDMM TV(ディーエムエム テレビ)

運営会社名合同会社DMM.com
料金(税込み)550円
動画本数約12万本
会社ホームページhttps://dmm-corp.com/
お申込み先公式サイトはこちら

DMM TV(ディーエムエム テレビ)は、最近スタートしたばかりのVODサービス。

今はまだ子供向け作品は少ないですが、今後の伸びしろという意味では一番期待できます。

そんなDMM TV(ディーエムエム テレビ)で見られる主なキッズ作品がこちらです。

  • アンパンマン
  • ポケットモンスター
  • ワンピース
  • 戦隊ヒーローもの
  • プリキュア

DMM TV(ディーエムエム テレビ)では1アカウントにつき「4つのプロフィール」を作成することができます。

このプロフィールごとに、年齢にもとづいた視聴制限を加えることが可能。

またメインとなるアカウントでのみ課金行為が可能なため、子供が勝手に購入することを防ぐ仕組みがあります。

利用者の口コミ

アンパンマンはTVシリーズではなく映画のみですが、それでも大量にあります。

子供って気に入った作品を何度も見るので、これだけあれば飽きずに見てくれそう。

DMM TV(ディーエムエム テレビ)は戦隊モノが充実してます。

お子さんが生まれる前の作品でも古びた感じはないので、楽しんで見てくれるでしょう。

女の子が好きなアニメといえばプリキュア。

すべてじゃないですが、ほとんど揃っているらしく、それ目当てで加入する人も多いとか。

DMM TV「30日間無料体験」を試してみる

>>>DMM TV(ディーエムエム テレビ)の評判と口コミをもっと読む

4.TELASA(テラサ)

運営会社名TELASA株式会社
料金(税込)618円
動画本数1万本以上
会社ホームページhttps://www.telasa.co.jp/
申し込み先公式サイトはこちら

TELASA(テラサ)はテレビ朝日の番組に強い低価格のVODサービス。

それだけにキッズ作品もテレビ朝日系列で放送されているアニメや特撮番組が豊富に揃っています。

  • ドラえもん
  • ボトルマン
  • 仮面ライダーシリーズ
  • プリキュア
  • パズドラ

TELASA(テラサ)では契約する際に入力する「生年月日」によって、視聴できる作品に制限がつきます。

そのため、大人が契約した場合には、子供がなんでも自由に見られるようになってしまいます……。

しかし、Amazon Fire TVなどを使いテレビで視聴する場合には視聴制限を加えることが可能です。

※スマホ・タブレット・パソコンでの視聴では制限ができないのでご注意ください。

利用者の口コミ

いまのヒーロー物って親子で楽しむのが当たり前。

テレビ放送を見逃しても、好きなときに見られるのがいいですよね。

TELASA(テラサ)はテレビドラマの特別編を配信したりします。

親子で共通の番組を見られるのっていいですね。

さすがテレ朝系列だけあって、ドラえもんには力を入れています。

TELASA(テラサ)の公式サイトはこちら

>>>TELASA(テラサ)の評判と口コミをもっと読む

5.hulu(フールー)

海外ドラマバナー

運営会社名HJホールディングス株式会社
料金(税込み)1,026円
動画本数10万本以上
会社ホームページhttps://www.hjholdings.jp/
お申込み先公式サイトはこちら

hulu(フールー)は海外作品に強いのが定評であり、メインのターゲットは完全に大人といったイメージ。

しかし、ちゃんとキッズ作品もジャンルの1つにあるため、大人と子供の両方で楽しめるVODサービスです。

そんなhulu(フールー)で視聴できる主なキッズ作品がこちら。

  • アンパンマン
  • 名探偵コナン
  • 仮面ライダーシリーズ
  • アイカツ
  • パウパトロール

hulu(フールー)は日本テレビ系の番組に強いため、アンパンマンや名探偵コナンのラインナップは随一かもしれません。

いま確認したところ、アンパンマンは1000エピソード以上ありました(笑)。

hulu(フールー)では、安心して子供に動画を見せられるように「キッズプロフィール」機能があります。

このキッズプロフィールでは、子供向けのアニメや特撮作品しか視聴できない仕組み。

また、視聴可能時間をあらかじめ設定しておく機能もあるため、何時間も見続けてしまうことも防げます。

利用者の口コミ

最初は親が見たいものがあって加入したけど、意外と子供にも受けが良かったと気づくパターン。

テレビだと幼児番組を録画して、それを再生して……という手間がありますが、VODならその手間はぜんぶ不要。

子育て期間中(ワンオペ育児)にはとくに役立ってくれるでしょう。

そうそう、VDOの良い点はもう一個あって、それが家の外でもスマホやタブレットで再生できること。

なにかの待ち時間とか、大人は我慢できても子供が我慢できず、ぐずったり、走り回ったり……。

そういうとき、大人しく黙って見てくれるので重宝します。

huluを試してみる

>>>hulu(フールー)の評判と口コミをもっと読む

6.良質なキッズ作品があるDisney+(plus)ディズニープラス

運営会社名ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
料金(税込み)・月額990円
・年額9,900円
動画本数非公開(推定1万6千本以上)
会社ホームページhttps://www.disney.co.jp/
申込み先公式サイトはこちら

ディズニーランドでおなじみのディズニー社が運営するVODがDisney+(plus)ディズニープラス

さすが人気キャラクターをたくさん揃えているだけあって、主なキッズ作品を挙げるだけでもいかに充実しているか、よくわかります。

  • ディズニージュニアえいごのうた
  • プーさんといっしょ
  • ミッキーマウスクラブハウス
  • ちいさなプリンセスソフィア
  • おたすけマニー

Disney+(plus)ディズニープラスにはもちろん、過激なシーンがある年齢指定がついた作品もたくさんあります。

そういった子供に見せたくない作品を制限するために、プロフィール(アカウント)ごと視聴できるコンテンツに制限がかけられるようになってます。

利用者の口コミ

いい時代に生まれたものです(笑)。

私が子供時代はテレビで幼児番組が流れる時間帯まで待機していたので(ビデオすら無い時代)……。

子供って一回好きになると繰り返しみる習性がありますからね。

そういう「お気に入り」を見つけられると、大人としてもラッキーです。

こんな「無敵」発言も。

自分の子供だけじゃなく、自分の子供時代にもこんなのがあったらなぁ……って思います。

Disney+(ディズニープラス)を試してみる

>>>Disney+(ディズニープラス)の評判と口コミをもっと読む

迷う人には「Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)」をおすすめする3つの理由!

ここまで子供におすすめの6つのVODをご紹介してきました。

でも、候補が6つもあると「どれかひとつ」を選ぶに迷ってしまいますよね?

そこで当サイトが自信をもって、幼児~小学生くらいの子供をもつ親御さんにおすすめするのがAmazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)です。

Amazon Prime Video(アマゾンプライムビデオ)を勧める理由は、この3つ。

  • 幼児~子供向け番組がダントツで多い
  • 月額料金がダントツで安い
  • 試聴動画の制限と同時視聴の設定が分かりやすい

料金は1日当たりわずか16円。

この値段なら気軽に試せますし、他のVODと組み合わせて契約しても負担はわずかです。

\低料金で親子で楽しめる!/
Amazonプライムビデオ公式サイトに移動し
「30日間の無料体験」を今すぐ試す

※この記事の情報は2023年3月現在のものです。

配信数や配信タイトルなどの最新の情報は各VODサービスの公式サイトでご確認ください。